カーテン情報満載。

カーテンスタイル

ブラインド

カーテン以外のウィンドウトリートメントとして、最も認知度の高いものがブラインドと言えるでしょう。開閉のほかに、羽根を回転させることで採光を自由に調節できるという特徴があり、「日よけ」としては最も優れた機能性を備えているのがブラインドです。ロールスクリーンとは、ロールでスクリーンみたいな生地を上に巻きつけるものをいいます。そのままですね。自動的に巻かれるので、操作は非常に楽です。遮光性に優れていいて、布生地ですので優しい暖かい雰囲気をもちながらも、シンプルな印象を与えるのも特徴と言えます。

ブラインドの種類

ヨコ型ブラインド

最も一般的に使用されているブラインドが、ヨコ型ブラインドです。イタリアのベネチアで誕生したことから「ベネシャンブラインド」とも呼ばれています。スラットにもいろいろな種類があり、ベーシックカラーをはじめツートンカラーや木目やベルベットタイプ、フッ素コートや酸化チタンコート、遮熱コートといったさまざまな機能がついたタイプがあります。

タテ型ブラインド

タテに羽取り付いているのがタテ型ブラインドです。このタイプはオフィスなどでよく見かけます。羽根が窓と垂直(バーチカル)に交わっていることから、「バーチカルブラインド」とも呼ばれています。最近では住宅用商品も充実していて、一般家庭で使われるケースも多くなってきました。操作は片側についているバトンやコードを使い、ブラインドを開閉したりルーバーの角度を調節して採光と換気の調節をしたりすることが可能です。

その他のブラインド

小型モーターを内蔵し、リモコンで羽根の昇降や回転を操作するタイプのブラインドです。天窓や高窓など、普段手の届かない窓によく使用されています。

ロールスクリーン

ロールスクリーンとは、上部のロールに布地を巻きつけて光を調節するカーテンのことです。ウィンドウトリートメントの中では、カーテンと同じく歴史が古く、そのシンプルなスタイルが長い間愛され続けています。部屋の間仕切りやタペストリーといった窓装飾以外に使用するケースも多く、いろいろな演出を楽しむことが出来るのでおススメです。そんなロールスクリーンの特徴をご紹介したいと思います。

部屋の光のコントロール

スクリーンを上下させることで、日射しの室内への侵入をコントロールすることができます。操作が簡単なので、任意の位置に止めることができ、使用しない時は上部に巻取られ窓面をすっきりと納めることができる優れものです。スクリーンの素材の選び方により透光性、遮光性の度合いを使いわけるといいでしょう。

省エネ効果

夏は強い日射しをカットすることにより冷房負荷の軽減に役立ち、冬はロールスクリーンを下げることにより室内の熱流失を防ぐことが出来ます。厚地のカーテンと2重掛けにすると、更に効果的がグッとあがります。グラスファイバー素材のスクリーンの裏面(室外側)に、アルミを蒸着し熱の反射率を高めた省エネルギー効果の高いスクリーンもあるのでぜひ探してみてくださいね。

省エネ効果

夏は強い日射しをカットすることにより冷房負荷の軽減に役立ち、冬はロールスクリーンを下げることにより室内の熱流失を防ぐことが出来ます。厚地のカーテンと2重掛けにすると、更に効果的がグッとあがります。グラスファイバー素材のスクリーンの裏面(室外側)に、アルミを蒸着し熱の反射率を高めた省エネルギー効果の高いスクリーンもあるのでぜひ探してみてくださいね。

視線カット効果

スクリーンを降ろし、外部からの視線をカットすることができます。スクリーン素材の透け具合などで見えかたが違ってきますので、使用状況をよく確認してから生地を選びましょう。隣接する建物の看板など、室内に採り入れたくない景観をカットする際にも効果が期待できます。

多用途

窓回りばかりでなく、間仕切としての利用も出来ます。キッチンとダイニングの間仕切として、キッチンのにおいや煙のダイニングヘの流失を防いだり、来客時の目かくしとして利用することが出来ます。透光性のある生地を使い照明とのコーディネーションで美しい間仕切として効果的に演出したり、ワンポイント柄を使い装飾と間仕切を兼ねて使ってみるのもいいですよ。

Copyright (C) 2008 CURTAIN STYLE. All Rights Reserved.