カーテン情報満載。

カーテンスタイル

ブラインド・ロールスクリーンの特徴

ブラインドやロールスクリーンは、すっきりとコンパクトで主に小窓に取り付けるアイテムとしてよく購入されます。カーテンのような装飾性よりも機能性を重視した製品として、住宅では居間や洋室以外にも廊下/玄関/脱衣所/吹き抜けの高窓/浴室などの箇所に幅広く使用されています。しかし、ここ数年前よりメカ本体(ロールスクリーンなどの昇降機械部分)にさまざまな生地やたたみ方をさせることによって「機能性重視」から「装飾性」を兼ねるカーテンのような窓装飾の「主役」に取って代われる製品も多く発売されるようになりました。マンションなどの入居後、既にカーテンレールが取り付いている場合でも、あえてレールをはずしてウッドブラインドやバーチカルブラインドに取り替える方も出てきました。そんなブラインド・ロールスクリーンの特徴をご紹介したいと思います。

ベネシャンブラインド

アルミの羽や木製の羽を使い昇降させるブラインドです。カーテンに比べて省スペースでコンパクト、レールなどは不要なので常に一体型で取り付けやすいのが特徴です。羽の角度で太陽光の調光ができ、気になる視線も簡単に遮ることができます。

ベネシャンブラインド

ウッドブラインドは、バスウッドなどを利用した天然木のブラインドで5cmの大きめの羽がインテリア性や質感をアップさせるのが特徴です。人気のあるブラインドです。

ロールスクリーン

ロールスクリーンやプリーツスクリーンを使うとすっきりと窓周りをまとめ、昇降しながらプライバシーを守るという機能が備わっています。布を使用しているのでカーテンのような柔らかさも兼ね備えており、また生地が昇降機械・取付金具とセットになっているのでカーテンに比べてコストダウンも図れる主婦には嬉しい商品です。しかし、プライバシーを守るには窓に対して上げるか(開ける)下げるか(閉める)しか無いので、光を取り込みながら視線を遮るには、あまり向かないといえます。

プリーツスクリーン

プリーツスクリーンでは、最近本体の上部にレース・下部に従来の生地が付いている「ツインスタイル」などのオプションを利用することによって、昼間はレース、夜は従来の生地というような使い分けが1台でできるものも発売されています。

バーチカルブラインド

高層部のマンションや幅が大きな窓に有効なバーチカル(縦型)ブラインドは、最近の窓装飾のトレンドのアイテムとして欠かせない存在といえるでしょう。公共施設やオフィスなどではアルミの羽が使われますが、住宅向けには布を使用したものが一般的と言えます。視線と光を羽の角度で調整でき、窓の開口方向に合わせて横にスライド開閉できる商品として、また見栄えがクールでモダンなイメージをつくる商品としてもとても人気があるのがこのブラインドです。

ブラインド・ロールスクリーンの選び方

 「窓を飾る」「風を取り入れる」「光を操る」「視線を遮る」「室温を調節する」などなど、カーテンと合わせてブラインドやロールスクリーンはさまざまな機能・役割をもっているといえます。そしてインテリアや、ライフスタイルが表現されるアイテムとしてもとっても重要なものだといえるでしょう。ブラインドやロールスクリーンは、シェード(ローマンシェード)にプリーツスクリーン、バーチカルブラインドなどもそれぞれ形は異なりますが、特徴ある機能性を持ち、インテリア全体に与えるイメージはとても大きいと言えるでしょう。普段あまり取替えることの少ないブラインドやロールスクリーンだからこそ、お部屋や用途に合わせたものを選びたいものですね。
 やはりブラインドやロールスクリーンを選ぶ際は、部屋の用途や使う年齢層によっても変えるのが一般的と言えます。そこで、シーン別で部屋別に用途の目的を中心にして選んでいく方法がおススメです。また、家を建築したときなど建物のイメージやインテリアの色、収納やキッチンセットなどのイメージができている場合、キャラクター別のキーワードから自分らしいイメージにピッタリのものを選ぶのもベストです。この2つを上手に使い分けて選べば、きっと良いも商品にめぐり合えること間違い無しですよ。

Copyright (C) 2008 CURTAIN STYLE. All Rights Reserved.