カーテン情報満載。

カーテンスタイル

カーテンのお手入れ方法

せっかく選んだカーテンなので、いつまでもきれいにしておきたいものですよね。現在のカーテンは結構丈夫にできているので、取り扱いに気をつけてもらえれば、購入時と変わらぬ美しさ、質感を保つことができます。ここでは簡単に出来るお手入れ法を、ご紹介したいと思います。

カーテンの傷、汚れには

カーテンの傷、汚れなどは購入した際、確認が必要です。カーテンはしわができないようにたたんでありますが、生地の性質によってたたみじわが残ることがあります。レールに掛けて吊るすことによって、時間とともにしわを取り除くことができます。

カーテンに付いているフックについて

カーテンに付いているフックは、強い衝撃や力を与えると変形したりすることがあります。取り扱いには、注意しましょう。フックを下へ押し下げると、お好みの位置にセットすることができます。下へ押し下げすぎた場合は、一度下へ抜いて、上からお好みの位置にセットし直してください。

室内の温度・湿度状況

室内の温度・湿度状況などの変化によって、カーテンは多少の伸縮があります。耐光堅牢度の高いものがありますが、大抵の場合、直射日光を受けているとある程度日焼けするものと考えておいた方がいいですね。

お手入れするなら

カーテンをお手入れするなら、クリーニングに出していただく方がよろしいでしょう。ご自宅で洗いますと、縮みや色落ちのトラブルが発生することがありますので、十分気をつけるようにしましょう。素材によって、ドライクリーニングできるものとそうでないものがあります。クリーニングに出す際は、確認することが必要です。また、あらかじめカーテンの寸法を測っておくと、クリーニング後のトラブル防止に役立ちます。

ご自宅で洗濯するなら

ご自宅で洗濯する場合、フックをはずして、おしゃれ着専用洗剤を使用し、ネットに入れて押し洗い程度で洗いましょう。洗濯機での脱水は避けて、ゆるく絞り、吊り干しにして乾かすのがベターです。乾燥機の使用は縮みの原因となりますので、やめましょう。

レールの取り付けに関して

お子様などがカーテンにぶら下がるなどして体重がかかると、レールが落ちる危険性がありますので注意しましょう。レールのお手入れは、日ごろからほこりをためないよう、ハタキや掃除機をかけるときれいなな保てます。レールの滑りが悪くなったと感じたら、ロウソクで滑りを良くする方法などあります。

Copyright (C) 2008 CURTAIN STYLE. All Rights Reserved.