カーテン情報満載。

カーテンスタイル

ローマンシェードのスタイル

いろんなかたちをしたシェードを総称してローマンシェードと呼びます。よく「プレーンシェード」と「ローマンシェード」を同じものを指す言葉として使用されることも多いのですが、違う製品のことだと勘違いをされることも多いのでここでチェックしておいてくださいね。仕組みは窓に対して、上下に昇降できることが特徴と言えます。ロールスクリーンと同じ昇降機能をもつ製品ですが、購入する際に1つのカタログから生地と機械がセットになっているロールスクリーンとは異なり、品数豊富なカーテン生地から自由に好みのデザインを選びローマンシェードに加工することができるので、自分の好みにあったカーテンが作れます。スタイルは、シンプルなかたちで代表的なプレーンスタイルや装飾性豊かなムースやピーコックスタイルなどさまざまあります。インテリアのイメージや「窓をすっきりさせたい」、「モダンな雰囲気のインテリアに合わせたい」など好みに応じて選びといいでしょう。

ローマンシェードの加工例

 一番人気のあるスタイルは、プレーンシェードです。シンプルに、約15cmほどのたたみ代を作りながらたたみ上がるかたちです。生地のデザインしだいで無地でも大柄のものでも幅広く組み合わせを楽しむことができます。上げきった状態では15〜20cmほどのたたみ代が、窓の取り付け位置にいつも生地が溜まりますので、自宅の窓でよくイメージをして確認してから購入しましょう。
 等間隔に細いバーが入っていることによって、昇降時に綺麗なたたみ方をするシャープシェード。1台の機械にドレープ用生地とレース用生地が、前後に取り付けられるダブルシェードなど種類はさまざま。シェードは通常同じ取付け位置に2台つけることができない為、ドレープもレースも必要なときはこのスタイルがおススメです。バルーンシェードをつくる場合下ろした時は平坦になる為、目線がどこにくるのか、スワッグをつくる高さをどこにしたいかで製作寸法も変わってきます。きちんとお店の方に相談して、購入しましょう。

シェード選び

シェードを購入する際には、コード式・ドラム式の指定をすることができます。小窓・腰高窓などの、比較的小さなサイズを製作する場合は、コード式がおススメ。掃出し窓などの少し大きなサイズを製作したい場合は、ドラム式がおススメです。取り付けに関しては、取付け易く、取り外しや生地交換がしやすいよう昇降機の仕様に、ただ安くなるだけの為の部材を使っていないお店を選びましょう。仕様をチョイスする際は、細心の注意を払いつつと客側のことを最優先に考えて安定した製品や標準スペックを考えたところも優良店です。特に安いだけの製品は、いくらカーテンメーカー純正品だとしても「ヒモ切れ」や「ダブルシェードの操作の選択肢が少ない」、「昇降音が大きい」、「取付金具がいかにも壊れやすい」などの問題が多いので、ご注意ください。あと、マンションやオフィスビルで、窓の幅が幅4〜6mを超える場合、商品の搬入経路を確認してから、購入しましょう。

Copyright (C) 2008 CURTAIN STYLE. All Rights Reserved.